スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第8話

「英雄推参」
さあ、次のターゲットはリリアナさんだ!
ペルセウス相手にキス強要イベント発生しますが、ここはまず拒むところでしょう
リリアナさんはそんなビッチじゃないぜ
エリカへの対抗心はあるも、キスはちょっとハードルが高かったようです

いつものことながらお話がよく飲み込めません
ドニはなんで封印を解いたのだろう
アテナタソの再登場はうれしいですが
姿はようじょなのにババくさいセリフまわしがなんとも
はやくゴドーを「おにいちゃん」と呼んでほしいものです

さて冒頭の女だらけの肌色バカンスですが
エリカとゴドーはまだ関係を結んでないんですね
一方祐理タソは純潔を失うと巫女の力をなくすのかな
あれほど淫らな行為に目くじらを立てるのは、自分の将来が左右されるからですかね?
どんなにエロくなっても寸止めしなくてはならない
障害があるほど愛は燃え上がる、みたいなものですかね
そういう意味では、ラテン気質のエリカより日本人の祐理タソは内面的にはより淫靡だと思う

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2012/08/post-32c2.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4669.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1944.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-542.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3911.html

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第7話

「風よ、雨よ、狼よ」
祐理タソはエロスの極上スパイス!(*´д`*)ハァハァ

すばらしいお話でした
こんなに興奮した接吻シーンも久々です
ほんとボッキもんだよ〜

いつも思っていることですけど、
エロスって精神的な面が大きいんですよね
かならずしもB地区が見えたらエロいというわけでもない
登場人物にどれだけ感情移入できるかが勝負です

冒頭、胸の痛みを訴えるゴドーを癒そうとする祐理タソ
通常の方法では自分の魔法力が通じないことを思い知らされます
エリカの知識伝達行為をさして「いやらしい接触行為」と表現
最高じゃないですか!
このエロを禁忌する純朴で生真面目な心があるからこそ「いやらしい接触行為」がいっそう引き立つのですよ
ここでゴドーを回復させるためチューか?
と思わせるも、祐理タソはそんなビッチじゃありませんのだ
あくまでも真面目に、そして母のエピソードをもちだして自分の母性をアピールしつつお手てでなでなで
まだまだクライマックスはこれからだ

さて狼男とのバトル再開
剣を呼び出すためにゴドーとエリカが祐理タソの目の前で接吻
ここで大げさに恥じらう祐理タソがポイントです
だからそれは必要な手順を踏んでいるだけだって
頭ではそう理解していても祐理タソには「いやらしい接触行為」にしか見えません
おまえの気持ちのほうがよっぽどいやらしいわい!
「いやらしい」って非難する人のほうがどれだけいやらしいことやら

さらにバトルがすすんでいよいよ祐理タソがゴドーに知識を伝達しなければならなくなる
エリカが視線で促す、勝つためには当然必要です
そして祐理タソはゴドーの胸に飛び込むようにしてチューします
…でもでも、祐理タソ、エロすぎ…
伝えるのはオシリスの知識でしょ?
なのに祐理タソのエロスがびんびんに伝わってくるんですけどw

いや〜祐理タソエロいっすね
恥じらう気持ちがエロをさらにエロくしています
「義務だから仕方なくやってんのよ」とかツンデレがのたまうみたいに、
言葉と態度のミスマッチには萌えるものがありますね〜

そんなわけで祐理タソ攻略完了
次は同じく生真面目系のリリアナさんの番ですね、楽しみじゃ〜

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2012/08/post-961d.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4649.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-531.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1932.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3901.html

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第6話

「王たちは話し合う」
う〜ん、なんかつまんなかった…

第一の理由はエロ要素が皆無だったこと
べろちゅーとかべろちゅーとか

二番目はジジイのカンピオーネとの対決へ至る過程が盛り上がりに欠けたこと
策略とか駆け引きとかそういうのがあってもよかったんじゃね?

まあ普通ならバトルになりますよね
されど相手も古参の実力者なら正面対決をさける知略も欲しかったけど、ゴドーが話し合おうとするのを遮ってエリカが挑発してるじゃん

そのあとのジジイの条件がさらに不明
三十分後に追いかけるって何?
狐狩りみたいな?

でも白馬を丸呑みしたのは面白かった
ジジイの正体は狼男なんですか
改めてカンピオーネってなんなんだろって疑問

さてジジイの手が読めないためいったん退くゴドー
来週こそ祐理がディープキスでジジイの情報をゴドーに伝えるんだよね、ふへへへ楽しみです(*゚∀゚)=3ハァハァ

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2012/08/post-2f44.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4631.html
http://bluebluesilvermoon.blog38.fc2.com/blog-entry-3891.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-1920.html

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第5話

「好日ならざる日々」
ニヤニヤ日常話でした〜

アバンのエリカさんが甘え上手
脱がすのもいいですが、着せることもよりエロスに!
てゆうか寝る時脱ぎすてた下着をまた着用するのか
シャワーを浴びて、清潔なのをはきましょうね

教室でいちゃつく二人に祐理タソが委員長みたいになってる
王様の品格とかいってるけど、英雄色を好むですよ
ハーレム築いて一人前じゃい

ということで祐理タソがエリカから愛人として公認されました
でも一人だけというのが可愛らしいですな
もちろん一人ですまないわけですが
これから一番をまもるためエリカタソの熾烈な戦いが繰り広げられるわけです

なんて言ってる間に、祐理タソが拉致された!
もしかして貞操の危機ですか?
ジジイにヤられちゃうの?

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2012/08/post-52ec.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4612.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3549.html
http://barthes1980.blog100.fc2.com/blog-entry-381.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-510.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-284.html

カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第4話

「まつろわぬアテナ」
あああ、アテナタソがようじょから成長してしまった(´;ω;`)ウッ…
そんな…誰得…?

バトルの最中にアテナの由来について蘊蓄広げられてもなんだかな〜
原作読んでいるか、神話について基礎知識あれば面白いのかも

完全勝利にもかかわらず止めを刺さない
ぬかりなくアテナにフラグを立てた護堂
やっぱりヨウジョスキーだったか(*´∀`*)ポッ

今週もエリカとのべろちゅーが圧巻でした
そして目前の猥褻行為に赤面する祐理かわいいよ祐理
はやく祐理タソのべろちゅーを拝みたいです
純真で清楚な女の子の痴態萌え〜

次回予告
草薙護堂を待っていたのは、恋のキャッキャウフフであったw
ラブコメ回キタ━━(゚∀゚)━━!!

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2012/07/post-9261.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-4596.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67641179.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-501.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。