スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささめきこと その八

「Ripple」
うんうん、純夏と汐の関係がねっとり(?)してきましたね~(*/∀\*)イヤン
やはり前回の汐のひとりぼっち休日の伏線が生きてきました
汐の涙の下準備だったわけですね
そして原作以上に二人の気持ちの高ぶりがシリアスに描写されていて、ドキドキしちゃいましたよー

ついに表舞台に登場した蒼井さん
見ての通りオタクです
夢見がちな年頃というのもありますが、なんとも昔の自分みたいで、こういう子にはすごく共感します
頭の中を占めているのは現実よりもお話の世界なんですね
そして分かり合えるような友達が見つかったと思って大はしゃぎ、うんうんカワイイですよ

そんな蒼井さんを純夏が押し倒したと誤解して汐は涙を流してしまいます
多分、理性ではただの事故と分かっているのでしょうが、割り切れない気持ちが残ったのです
それは無意識にあった純夏への思慕がそうさせたのでしょう
男子の乱暴を連想して、と自分を納得させようとする汐ですが、もはや隠しようのない純夏への感情がダダ洩れ状態で、このあたりニヤニヤが止まらなかったですよ
夕刻の別れの場面でも、なんかあま~い雰囲気いっぱいでまるで恋人同士みたいじゃありませんか

Rippleは「さざ波」の意味だそうで、それを生じさせたのが汐ということで意味的に重なっているのかな
些細なアクシデントから、急に二人の仲が進展したようでいながら、実際は汐の気持ちが表面化しただけで、純夏はどちらかというと受け身でしかなく、その立場は波にさらわれる漂流者のようですね

さあ、来週も蒼井さんが活躍するぞー

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2009/11/post-260e.html









http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4060.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2670.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-957.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-161.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1359.html
http://kuraltuka.blog8.fc2.com/blog-entry-148.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-1071.html
http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-1683.html
http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-205.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-3733.html
http://attakasanonitijou.blog41.fc2.com/blog-entry-757.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-1223.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-1477.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-677.html

ささめきこと その七

「少年少女」
おっぱいなんて飾りです、偉い人には(ry

Akemi
うほほ~い、アケミちゃん祭りでしたよ(*´д`*)ハァハァ

0000mpg_000921061
オニーチャン(*・∀・*)エッチー!!

0000mpg_001165582
ちゃんと下着も着用しとるがな

お話の方はコメディ一色で気楽に見てました
キモイ三連星かなり好きです
純夏に携帯のつながらない風間の寂しさはアニメオリジナル
帰省話への伏線のような

さて来週から蒼井さんのターンですよ
後半の影の主役は彼女といっても過言でないかも
これはかなり好きなエピソードなんで期待しております

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2009/11/post-6544.html









http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4039.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-948.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-144.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-1048.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-664.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1335.html
http://reilove.blog51.fc2.com/blog-entry-3714.html
http://lapis16.blog82.fc2.com/blog-entry-1676.html

ささめきこと その六

「二人の夜」
親友として大いに頼りにされて「大好き」と言われてしまう村雨純夏でありました

Cパートの純夏のセリフ、「待つよ」の意味が深い
「風間が自分を恋愛対照として見てくれるまで」待つのですね
こういう部分はいじらしいです
叶わぬ恋に涙にくれるのが女の子だったら、純夏はいい意味で男らしいのかな

仲のよい友達をすごく好きになってしまうのは百合の王道パターンですが、そこを寸止めされると本当に切ないですね
いっそ離れられたら楽なのかもしれないけど、それもままならない

友情の延長上の恋愛
男女の恋が一目惚れだったり、男女に友情はないとか論じられたりするのを考えると、仲良くなって好きになるのはとても自然なプロセスです
未知の男子を好きになるより、よく分かり合える友達を好きになるほうが安心のはず
恋愛ってのは、ある種の恐怖と向き合うために心が仕掛ける罠のようなものかもしれない
それは他人と心を通わせる恐怖
それは自分の心をさらけだす恐怖
異性というだけでなく、自分の心にとって他人はすべて異物であるから、同性との恋愛もありうると考えております
リアルでは同性愛はいろいろ差別されてますが、もっと寛大でいいんじゃないんかね

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2009/11/post-28fa.html









http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-124.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1313.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4017.html
http://attakasanonitijou.blog41.fc2.com/blog-entry-736.html
http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-1858.html
http://shoumo2.blog14.fc2.com/blog-entry-768.html
http://lilyiris.blog26.fc2.com/blog-entry-1191.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-1032.html

ささめきこと その五

「friends」
百合部のメンバーが親睦を深めるお話でした
軽いノリのコメディ回、心情描写は控えめ
それでもラストの朋絵の言葉は深みがありました
恋もいいけど、友達づきあいも人生のよろこびです
リアルの同性愛者が社会から孤立しがちなことを踏まえると、さらに重みを増します

村雨家の家政婦、野江さんがお茶目(*´∀`*)
旦那様のお手つきなんだろうか、と邪推してしまう

書店で風間兄と蒼井さんが接近
まだ出番は先なんですが、蒼井さんのエピソードは好きなお話なので楽しみです

9b05062247
純夏の妄想は男子の欲望そのもの
百合カップル的にはタチですね
汐はどうなんだろ、あまりはっきりしないかんじ
まあ女の子同士で仲良くするのに男役とか女役も関係ないよね

狭い部屋が本だらけ
兄妹そろって読子さんですね(^-^;
爆発料理で団地の部屋がとんでもない惨状
汚れても読めればいいなんて、温厚なお兄さんでよかったです~
メイド服を持ち帰るなんて、アキバ系のライターなんでしょうか

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2009/11/post-bbb7.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2608.html
http://animumeso.blog101.fc2.com/blog-entry-1773.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-1008.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3996.html
http://attakasanonitijou.blog41.fc2.com/blog-entry-722.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-932.html
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-551.html

ささめきこと その四

「4+1」
百合部、じゃなくて女子部設立のお話でした(^-^;
おまいら女子校に行けよ、という気がしますが本人はいたって真面目
ただの変な人じゃない蓮賀朋絵なんですが、いまのところはその片鱗もなし

おいしい女子部につられた風間でしたが、純夏が参加できないから入部しないというのがめちゃ可愛いんですよ
なんかもーね、完全にカップルの言動ですよね
百合な恋はしたいけど、友情も大事という二兎を追うものでしょうか
仮に風間に百合恋人が出来ても純夏とは親密な関係がつづくのはまちがいなく
ある意味生殺しというか、それでも純夏としてみれば風間のそばに居たい気持ちが強く、報われない愛ですね
いままで純夏の気持ちが男性的と思われがちでしたが、こういう耐え忍ぶ姿は女性らしいな

でも女子部の申請は却下
そりゃ部活動じゃないですよね~

9a29092347
そしてアケミちゃんはやっぱりカワイイ!
テロップ邪魔!

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2009/10/post-6078.html









http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-1264.html
http://candlexxxlight.blog16.fc2.com/blog-entry-989.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-3973.html
http://attakasanonitijou.blog41.fc2.com/blog-entry-707.html
http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2588.html
http://yusyu.blog34.fc2.com/blog-entry-152.html
http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-173.html
http://variegato.blog34.fc2.com/blog-entry-1839.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-818.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。