スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 第13話

「微熱」
麻雀展開がなんかむずかしいです(´Д`)ハァ…
今週はほとんど理解できませんでした

みんな難しい事考えながら打っているんですね
それと驚いたのは、上手い人は降りるのもためらわないこと
振り込まないで、自分が上がる
あたりまえですが、本当にすごいです

接戦というか、大きな手が出来ない息詰るようなゲームでしたが、
のどっち以外はまったく目立たない
しかも3人で試合してるかのような錯覚
セリフもなければ、顔も映らない鶴賀の人が気になります

今年の大会からルールが変わって、特殊な才能の選手が目立つようになったそうですが、
そこに主催者のなんらかの意図、隠された目的があるのでしょうか
咲や衣のような選手を発掘してスカウトして研究機関で訓練して、優秀な戦士に仕立てて外国と戦うみたいな(^_^;
軍事行動がすべて麻雀に置き換えられているような世界なんじゃないですかね~

9629084721
透華お嬢様いいとこなし
本人はのどっちのライバル気取りですが、このままでは雑魚扱いで終わってしまいますよ、がんばれ~

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2009/06/-saki-13-c751.html









http://flanpoemega.blog42.fc2.com/blog-entry-138.html
http://nokko011.blog85.fc2.com/blog-entry-96.html
http://solonielsoloniel.blog33.fc2.com/blog-entry-457.html
http://talkingshop.blog81.fc2.com/blog-entry-202.html
http://e102128.blog54.fc2.com/blog-entry-1144.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 咲 -Saki- 第13話 「微熱」

咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る 副将戦は小さな和了りと流局が交差する、静かな戦いとなっていた。 緊張感あふれる対局が続く中、和の身体に「異変」が起こる。こらえきれず徐々にこみ上げてくる高揚感。頬を赤らめ、柔らかくなってゆく表情。艶やかになっ

咲-saki- 第13話「微熱」

「目立ってナンボ!目立ってナンボ!!」の透華とオッパイさんの和、 彼女たちがぶつかり合う副将戦が開幕! もちろん彼女もw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。