スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪息子 #08

「春」
年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず
という唐詩を思い出させる、新しい春の訪れでした

前回からだいぶ時間経過があったようですが、さおりんは不登校だったのかな~
いずれにしろ、さおりんがいないとドラマが白熱しません
今回もすごくいい仕事してくれました

「あんたって、かわいい妹みたい」
安那ちゃんはさっぱりしていて、いい性格している
女の子っぽいわがままとかなくて、おなじくカップルの真穂とは好対照です
でも安那ちゃんはつきあってるけど、恋愛じゃなくて友達感覚なのかな

にとりんの気持ちはあまり他人に向いてない気がする
高槻さんへの「あこがれ」も、安那ちゃんへの「好き」も、すごく淡いものなのだろう
そういう気持ちが固まらないのは、自分自身に不安があるからだと思う
女装したい、女の子になりたい、という志向は戸惑いに彩られてひどく弱々しい
アイデンティティーってやつですか、他者と深い関係を築くにはそういう確信がないと不安定で流されやすいものになるのだろうし、それが表題の「放浪息子」という設定なのだろう

今週は修羅場でした!
元カノと今カノと横恋慕が鉢合わせて一触即発ってゆうか、さおりんが一人で尖っていただけかもですが、とにかくドキドキした
さおりんの歌唱力にびっくりした安那ちゃんがみんなと仲良くなってしまうという意外な流れもよかったです

昔のようにみんなで仲良くできるかな、という希望
また同時に嫌なことも昔と同じになるかもしれないという失望
季節は同じように巡ってきますが、人は少しずつ変わらずにはいられないようです

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2011/03/08-a9bb.html









http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4635.html
http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-216.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-2126.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

放浪息子 第8話 「春 ~Brand new me~」 感想

何という修羅場! 小学生編もやって欲しかったです。 季節は巡り、また春がやってきた。 修一たちも2年生に進級し、ずっと学校を休んでいたさおりも 久しぶりに登校してくるように。 喜ぶ一同...

放浪息子~#8 春

 おしとやかでやさしい中学生の二鳥修一、通称にとりん 女の子の格好にあこがれつつ悩みつつな放浪息子の8話目  あっというまに春、にとりんは中学2年生。 不登校のさおりん...

放浪息子 第8話「春」

テーマはメガネ少女の休日? 安那ちゃんの発想が面白すぎます(笑) この格好の秀一はお持ち帰りしたいレベルですけどね(ぉ)  ▼ 放浪息子 第8話「春 ~Brand new me~」  2年に進級って展開速いですね。 修一たちは違うクラスになり、小学校時代の嫌な土...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。