スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミSS 桜井梨穂子編 第三章

「ヒキツギ」
これは困った
正直、あまり面白くなかった
まったりほのぼのムードが梨穂子のキャラと言えばそれまでだが、お話として、ドラマとして如何なものだろうか
のんびりと穏やかな日常はどうも苦手である
あるいはコメディの要素を加えるとか、なんか付加価値がほしい
フィクションとして視聴するかぎりでは、ドラマチックなほうが見応えあります

果たして梨穂子の恋は進行しているのか停滞してるのか、それすらもよくわからない
絵馬に書かれた願い事も、
1.ダイエット
2.新入部員
3.恋愛
とまるで、自分の想いを伝えることにはあまり熱意が感じられない
幼馴染みとしてぬるま湯の関係に浸りきっているのである
それが梨穂子のキャラと言えばそうなのであるが

山場のないドラマにしてはもうちょっとイベントとかあってもよさそうだけど
ファミレスで橘さんの指を甘噛みしたのがそうなのかな
でもそれに対する反応も淡白というか、友達同士のじゃれ合いの域にとどまってるし
とにかく全体的にゆるゆるなんですよ
茶道部の後継問題も波乱すらなく、イベントを期待しながら見ていても、何も起こらず退屈してしまいました

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2010/11/ss-15aa.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-3463.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。