FC2ブログ

放浪息子 #03

「ロミオとジュリエット」
このゆったりとしたお話の展開、好きだなぁ~
悪く言えば盛り上がりもない、平坦なストーリーなんだけど
キャラを丁寧に掘り下げる日常とちょっとだけ日常からはみ出した部分に心がキュンキュンします(*/∀\*)イヤン

メガネ君が思ったより女装に積極的でびっくり
男っぽくなることに嫌悪感があるのかな
マコちゃん誕生シーンにはニヤニヤした(みなみけ的な意味で)

真穂ねーちゃんも恋愛や弟のことでいっぱいいっぱいだ
読モなんだからそれなりの容姿なんだろうけど、修一への嫉妬とも羨望ともつかぬ感情に振り回されています

そして相変わらず毒を吐くさおりんは管理人一番のお気に入りです
まんまと修一を自宅に連れ込んで、女装パーティーに持ち込もうとするあたり好きだな~
この子はもしかして百合の素質があるのか
潔癖というか、頑な心性がもたらす刺が魅力的なんです
ちょっとマリ見ての聖さま(栞と出会う前の)を連想しますよ

そして今週の真打ちは高槻くん(!)
学ラン握りしめて涙ぐむシーンには胸を打たれました
いやいや女になりたくない少女の気持ちなんてぜんぜん理解できないですよ
それでも人とは違っている孤立感、さらにこの先の自分に対する不安感、そういう負の感情はダイレクトに伝わってきました

こうした常識的な性意識の範疇から飛び出す行動ははたして十代特有な不安定なものなのか、もっと根源的な問題なのかはおいとくとして、視聴していて強く感じるのは彼らを温かく見守り応援したいという気持ちになることです
登場人物が多くて、焦点のぼけやすい物語展開ですが、確固としたリアリティに支えられた細やかな情景描写はひとつひとつのシーンは骨太な印象をもたらし、感情移入をさらに容易にし、大きな共感を引き起こしています
難しいことを考えなくても、見ているだけで心地よいアニメ、というのは素晴らしいことですよね

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2011/01/03-76b2.html









http://sagaturedure.blog31.fc2.com/blog-entry-4549.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-1283.html
http://3284allegro.blog38.fc2.com/blog-entry-1944.html
http://kananta24freedom.blog133.fc2.com/blog-entry-143.html
http://yuruyurulife.blog48.fc2.com/blog-entry-3365.html
http://uhdintd.blog121.fc2.com/blog-entry-969.html
http://khstar.blog110.fc2.com/blog-entry-190.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-2086.html
http://aquamarine1030.blog75.fc2.com/blog-entry-1260.html