スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け episode.25

「新年」
先週にひきつづきラブリー胸キュン空間が発生中であります~
それにしても風早くんの中の人の声がエロいですね
甘い声色というのともちょっと違うような
妙にうわずっていて、まるで喘ぎ声を思わせるような危うさがあります
管理人にそちらの趣味はありませんが、なぜか心惑わされる…

ところで、爽子と別れた風早が呟いたのは、
「短気、戒められるのかな?」と聴こえたのですが、
これはやっぱり男として爽子にキスしたりあれやこれやしたい気持ちを自分は制御できるのか、という意味でしょうか
お互いの気持ちを確かめながら、一歩ずつステップを重ねていくのが恋愛でしょうが、そうそう紳士な態度を保てないのも男という生き物です
いままでとってもお行儀よく爽子に接してきた風早ですが、感情の高まりに押し流されて、ちょっと暴走とかいう展開もあって、それを爽子の側から男と女の気持ちのすれ違いみたいなものを実感する描写とかがあったりするのが今後の物語の進行ではないかと妄想したりします
だってね、爽子とわかれるとき風早何かするような気がしたんだもん

原作が少女コミックで、しかも恋愛もののアニメがここまで魅力的であったのは、人の心の機微をうまく拾い上げていたからで、そういう意味では、女性の願望充足物語にとどまらない深い表現を期待したくなるだけのものがこの作品にはあります
そういう意味でも2期を待っております
スタッフ&キャストの皆様、素敵な作品を送り届けていただき、ありがとうございました

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2010/03/episode25-2353.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2983.html
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51446686.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-929.html
http://karmasoma.blog3.fc2.com/blog-entry-26.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-443.html
http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-360.html
http://fujiiisana.blog68.fc2.com/blog-entry-1761.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2352.html
http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-1673.html
スポンサーサイト

君に届け episode.24

「誕生日」
爽子とイケメンの初デート(´∀`*)
おもいっきり爽子は否定しそうですが、男女の逢い引きでございます~
自分の恋心を意識し始めて、恋の相手としてイケメンと接しはじめた爽子の胸ドキが伝わってくるようでした

腹巻きをしっかり使用している風早くん
そりゃ好きな女の子からのプレゼントだったらなんだって宝物です、俺だったら泣いちゃうよ
女スレしてない風早くんが純情でいいですな~
こんなイケメンが恋愛初心者というのが思いっきり少女漫画的幻想なんですが、そこは譲れないところでしょう!
男の処女幻想じゃないけど、女だって自分が好きな人のはじめてになりたいんじゃないすかね~

一人遊び爽子可愛いな~
友達いなくても一人で楽しく遊んじゃうところがすごくイイですね
ある意味自立した人間というか、しっかり自分を確立しているとも
これからますます風早のことを好きになって、風早なしでは生きて行けない!とかなっちゃたらヤダな
そんな恋におぼれる爽子なんか見たくない!
男と女が好き合って、結ばれたら、そこでハッピーエンドじゃなくて、
別れて一人になっても自分は大丈夫、というのが人生だと思いますが
そういうのはちょっとシニカルすぎますか? リアルすぎますか?

だんだん物語に甘い成分が多くなりつつありますが、皆さんこういう展開を待っていたんでしょうね
自分は爽子ががんばって友人関係を築こうとしたり、くるみちゃんと対立した展開にワクワクしてたので、ちょっと物足りない

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2010/03/episode24-69a1.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2970.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2343.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1125.html
http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51521488.html

君に届け episode.23

「ふたり」
やのちんの策略で風早と二人きりで二年参りをすることになった爽子~
友達が恋を応援してくれるのって、すごい幸せじゃないか
髪型をかえて薄くメイクした爽子を見て、息をのむ風早が生々しいというか、こっちまでドキドキしてしまったぜ!
こんなシチュが用意されたら風早としても気持ちが舞い上がり有頂天というかテンパったりして大変なことになっているだろうが、そこはさすがイケメン、クールな佇まいは崩しませんね
管理人だったら「うひょひょ、この女、俺に気があるのか~」とニヤニヤ顔が崩れてキモイことこの上ない醜態を晒すのですが

ところで、友達と初詣に行くといいながら、実は男と二人きりで、早くも父親を裏切ってる爽子、お父さんは悲しいよ~
クラスでも一部の生徒が風早と爽子の仲を疑う動きもありましたね
二人で初詣なんか行ったら、それこそスクープされてエラい騒ぎになりそうです
くるみは風早戦線から離脱したけど、風早に想いを寄せる女子はまだまだ多いんじゃ?
そういう危機を乗り越えて、クラス公認のカップルになっていくのでしょうか
このまま二人の仲が順調に進むのも、お話としてはいまひとつ刺激が足りない気もしますが、次回最終回みたいですし、二期があったら波乱の展開を期待したいと思います

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2010/03/episode23-bf7f.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2955.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-2141.html
http://manaduru3.blog24.fc2.com/blog-entry-345.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-411.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4361.html
http://yamitarou.blog75.fc2.com/blog-entry-1762.html
http://arpus.blog121.fc2.com/blog-entry-908.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2335.html
http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-1659.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-5922.html

君に届け episode.22

「クリスマス」
なんとも胸キュンなお話でした(//∇//)
親からの自立というテーマをからめて、素敵なクリスマスの思い出となりましたね~

爽子のパパがいい味出してる
彼女がまっすぐないい子に育ったのはパパの愛情のおかげですね
娘の結婚式で父親が号泣する気持ちがわかってしまうような、慈しみの心が伝わってくるお話で、爽子はものすごい幸せに包まれていると実感しました
たとえ友達いなくても、たとえ彼氏いなくても、家族がいるだけで温かいぬくもりが心を癒してくれる
今週は爽子パパに乾杯!ですよ

そしてはじめて持った携帯
それに最初のアドレスが風早くん
ここは本当に素敵なシーンでしたね~
まさに父親から彼氏へと愛情のバトンがリレーされた瞬間でした
クリスマスを男女のイベントとしてだけでなく、家族(主に父親)を配置することでストーリーの奥行感が素晴らしかったです
娘が恋する年頃になってることを十分理解している母と、理解しようとするも気持ちがついていかない父
恋という大きく綺麗な花が咲くためには、家族の愛情という土と養分がしっかり支えているからなんですね~
恋人未満の関係、だからこそすべての出来事がきらめくような彩りに包まれている素敵なクリスマスでした

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2010/03/episode22-2b4c.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2939.html
http://kodoku21.blog83.fc2.com/blog-entry-395.html
http://seraraku2.blog59.fc2.com/blog-entry-4344.html
http://merkmals.blog31.fc2.com/blog-entry-1112.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50840517.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2327.html
http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-1653.html
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51434709.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-5911.html

君に届け episode.21

「初雪」
ちづるの失恋をしっとりした情緒で描ききりました~
子供時代のコミカルな回想を交えつつも、一人の女性として、その溢れる想いの大切さを感じさせる演出でしたね
最後に龍の胸で泣くところが、哀切と同時に心を許せる人が存在することの安堵を感じさせる名シーンとなりました
ちらちら降りかかる初雪が一層雰囲気を盛り上げ、素晴らしい叙情性を伝えてきました

同じ失恋仲間として梅もいましたが、梅の方は悲しい涙を流す描写はなく、泣きはらした目を隠すサングラスとして表現されました
ちづるも本来、人知れず一人で涙を流すはずだったのでしょうが、そこに龍登場ですよ!
余計なことは喋らず、黙って涙を流す女を支える男の美学みたいなカッコよさです
言葉はないけど、龍の深い愛情を感じさせます
まるで家族のような、長年連れ添った夫婦のような懐の深さに二人の絆の確かさを見ました
今回、龍の告白があるんじゃないかと思ってましたが、それは浅はかでした
言葉で語らず行動で示す、一途な愛に裏付けられた誠実な振る舞いに人間としての器の大きさを感じさせます
高校生なのに大人のような風格がありますね
龍かっこいいよ龍(*´д`*)アハァ

元記事はこちら
http://mossy.moe-nifty.com/brilliant_corners/2010/03/episode21-4d39.html









http://kouyanoblog.blog61.fc2.com/blog-entry-2919.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-2315.html
http://blog.livedoor.jp/m_yossy_m/archives/51430670.html
http://blog.livedoor.jp/ms_2001/archives/50833044.html
http://ochatsu.blog36.fc2.com/blog-entry-1646.html
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-5909.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。